auひかり

引っ越しに伴い、auひかりを解約する際に必要な情報をまとめています。

引っ越しを機にauひかりを見直す

auひかりは、いわゆる光コラボにより活発になった各社の回線事業よりも、古い歴史を持っています。そのスタートは2000年代初頭ですが、2005年の「KDDIと東京電力の通信事業統合化」により力を増し、国内では一部、NTT東日本/西日本のフレッツ光に頼らない、独自の回線を使用したサービスも提供してきています。

現在のauひかりは、スマホのキャリアにとって有利なセットプランを提供しており、携帯代のカットや「キャリア同士の通話料無料」が実現します。

料金プランは、マンションの場合は月額3,800円、戸建ての場合は月額5100円程度となっています(2~3年自動更新型の場合)。また契約に伴い、他社から発生した違約金を負担してくれるキャンペーンも随時開催されているので、上手に活用したいですね。

その解約法

とは言え、au光にもデメリットはあります。ひとつは、対応プロバイダの数が少ないこと。au one net、So-net、BIGLOBE、@nifty、@TCOM、ASAHINET、DTIの7社にしか対応できません(とは言えプロバイダ料金が無料になるというメリットもあります)。

また残念ながら対応エリアが狭く、地方部では利用できない場合もあります。引っ越しを機に解約するほかない、という人もいるでしょう。

【auひかりの解約法】

電話またはWEB経由での受付になっています。

  • 専用電話受付時間は9~20時で、年中無休。

せっかくのセットプランなのに、auショップでの解約手続きが行えないのは、減点対象ですね。

また現状、au光の回線契約の多くが「2年または3年の自動更新型」です。こちらは指定月(契約更新月の翌月)以外の解約に、違約金(9,500円程度)が発生します。また月割で加算されている初期費用も、一括で支払わなければならなくなるでしょう。

もちろん、継続利用のための移転手続きも用意されています。こちらも専用電話やWEBからの申し込みとなります。ここで注意しておきたいのは、auひかりの対応スピード。最低でも1ヶ月待ちなので、申し込みは早め、早めが肝心です。

当講座の講師「超善寺速人」イチオシの

インターネット引っ越しサポートとは?

ネット業界に疎い人にとって、引っ越し時のインターネット移転手続きはかなりの時間と手間がかかります。そこでおすすめなのが「インターネットの移転手続きサポートサービス」。最新のプラン情報を把握している専門スタッフが、自分で調べるよりずっと早く、最適なプランを考えてくれますよ!

「引っ越し手続き.com」
HPでサービス内容をチェック

ページの先頭へ