3.回線・プロバイダを選ぶ!

このページでは、インターネット回線(光回線など)とプロバイダの引っ越しについてリサーチしています。

インターネット回線(光回線など)とプロバイダの引っ越し

自宅でインターネットを楽しむためには「回線」と「プロバイダ」への契約が必要となります。引っ越しにあたり、改めてその内容を見直すという人もいるかもしれません。以下にその概要を紹介しましょう。

回線の種類

インターネットをドライブに例えると、回線は道路の役割を果たします。こちらを使用して目的地(サイトなど)にたどり着くのです。

【インターネット回線の種類】

★光…
通信速度が速く、電話加入権がなくても使用できる。
現在のインターネット回線で最も一般的。

★ADSL…
光に比べ通信速度が遅く、利用者は減っている。
電話回線を使用するため開通工事は不要。離島などでも使用可能で、料金が安いというメリットも。

★無線…
光に比べ通信速度は劣るものの、配線工事やプロバイダ契約は不要。
ゲームなどを含むさまざまな端末に同時接続可で、屋外でも利用できる。

★ケーブルテレビ…
ケーブルテレビ回線を使用するため、開通工事不要で通信速度も速い。
ケーブルテレビへの加入は必要だが、有料チャンネルは申し込まなくても使用可能。

いずれの回線の場合も、移転には手続きが必要。旧居の閉鎖/新居の開通工事も必要となってきます。早めに連絡することが肝心です。

プロバイダ

インターネットをドライブに例えると、プロバイダは車の役割を果たします。こちらを使用して目的地(サイトなど)にたどり着くのです。もちろんプロバイダにも、移転手続きが必要。早めに連絡することが肝心です。

これまでは回線とプロバイダを別々に契約する必要があり、支払いや問い合わせ窓口も別々、というケースが多くありました。しかし2015年2月の「光コラボ」サービススタートにより、プロバイダ業界に大きな構造変革が起きています。

【光コラボとは】

これまでNTT東日本/西日本が独占的に提供していた「光回線」サービスが、
卸売提供されることになった。
これにより、NTT以外の業者も光回線を販売可能になった。

光コラボ解禁を受け、プロバイダサービスが真っ先に行ったのは「回線とプロバイダ一体型のサービス」です。つまり「インターネットドライブにあたり、道路と車を一度に決められる」というわけです。各社とも新規加入者を増やすため、魅力的なサービスやキャンペーンを展開しています。

いまのところ「回線とプロバイダは別々の契約のまま」という人も、数多いでしょう。しかし、引っ越しなどを機にネット環境を見直すのもいいかもしれません。よく検討すれば、月々の利用料金を抑えることなども可能になってきます。

「でも回線やプロバイダの契約って、色々面倒だし…」、という人には、ネット環境の引っ越しに関する問題をサポートしてくれるサービスがおすすめ。無料で利用可能ですし、ユーザーに最適なプランを考えてくれますよ。

当講座の講師「超善寺速人」イチオシの

インターネット引っ越しサポートとは?

ネット業界に疎い人にとって、引っ越し時のインターネット移転手続きはかなりの時間と手間がかかります。そこでおすすめなのが「インターネットの移転手続きサポートサービス」。最新のプラン情報を把握している専門スタッフが、自分で調べるよりずっと早く、最適なプランを考えてくれますよ!

「引っ越し手続き.com」
HPでサービス内容をチェック

ページの先頭へ