解約する際の注意点

このページでは、引っ越し前にチェックしたい、インターネット解約の注意点を紹介します。

引っ越し前にチェックしておきたいインターネット解約の注意点

「引っ越しを機にネット回線を解約して、新居で新しい会社と契約を」と考案中の人が、いるかもしれません。しかしその場合は、余裕をもって準備をしたうえで、希望を実行に移す必要があります。以下の問題が考えられるからです。

既存サービスからの慰留

通信サービス会社は、利用者の数で利益を上げています。そのため、解約はなるべく避けたいというのが本音。実際に旧居→新居への移転サービスも設けられているので「何とか慰留させよう」と粘られることは、覚悟しておきましょう。

具体的には、電話で「何か不具合はありましたか?」「ご新居ではどのようなサービスをご利用になるのですか?」など、細かな調査がクドクドと続くことになります。

しかし移転にあたって行われる作業は、継続でも新規でも内容(時間・手間)は同じです。もし「新しい会社と契約したい」という意志がある場合は、強気で解約を進めてください。

直前に申し込まない

引っ越しに伴うネット環境の移転には「旧居のネット回線除去」と「新居の開通工事」が伴います。どちらにも本人の立ち合いが必要ですので、スケジュール調整は早めに行っておくことが肝心。特に春先の引っ越しシーズンは混み合うので、引っ越し数日前の連絡などでは、とても間に合いません。数週間~1ヶ月待ちということも、ザラなのです。

解約工事が済むまでは利用料金も発生し続けるので、旧居の使用していない回線代が嵩んでしまうということも考えられます。要注意ですよ!

また解約にあたっては、PCとネットを繋ぐ「モデム」の返却も忘れずに。旧居または新居に返送用キットが郵送されます。その到着にも、2週間程度の時間が必要となるようです。

新規契約についても慎重に

移転先から新しい回線業者と契約する場合、キャンペーンの恩恵を受けられる可能性が大きくなります。これは、プロバイダについても同様。また解約の際に発生した違約金を、負担してくれる場合もあります。上手に活用して、より良いネット環境を実現したいですよね。

しかし都内から都内への移転、という場合なら話は簡単ですが、都内から地方へ移る場合に、通信環境の変化があって希望プランが利用できないケースも考えられます。マンションによっては、オーナーの意向や設備の問題で、話が思うように進まないこともありますよ。

「ネット環境の移転は大仕事」と、あらかじめ肝に銘じたうえで、準備を進めましょう。また煩雑な手続きをサポートしてくれる業者の力を頼る、という方法もおすすめです。

当講座の講師「超善寺速人」イチオシの

インターネット引っ越しサポートとは?

ネット業界に疎い人にとって、引っ越し時のインターネット移転手続きはかなりの時間と手間がかかります。そこでおすすめなのが「インターネットの移転手続きサポートサービス」。最新のプラン情報を把握している専門スタッフが、自分で調べるよりずっと早く、最適なプランを考えてくれますよ!

「引っ越し手続き.com」
HPでサービス内容をチェック

ページの先頭へ